予防効果抜群!ネズミとイタチは害獣駆除のプロに調査をしてもらおう 犬小屋が危険! 愛犬が危険にさらされる原因と対策

ネズミ駆除とイタチ駆除の効果を高める害獣駆除の事前調査

ネズミ駆除とイタチ駆除成功へのカギ~事前調査のやり方~

ネズミ駆除とイタチ駆除を成功させるためには、事前調査をしっかりと行うことが重要なポイントとなります。

事前調査は必ずある

ネズミ駆除とイタチ駆除を行う場合、必ず事前調査というものを行います。事前調査では、ネズミやイタチなどの害獣がどのあたりに居住しているのか、どこから入り込んできているのか、どうやって対処するべきかを業者の方が実際に訪問して確認していきます。この時、一緒に見積もりも作成し、後日正式に駆除が行われます。

調査で分かること

侵入経路
まず事前調査で判明することは、侵入経路です。プロの目によって本当に侵入しているのがネズミなのか、それともイタチなのかをチェックしていき、侵入口から侵入経路を特定していきます。侵入口と侵入経路が分かることで、ここから害獣が入らないようにするための対策をすることが出来るため、侵入口と侵入経路の割り出しは非常に重要です。
糞や巣の有無
ネズミ・イタチなどの駆除では糞や巣が家の中にあるか確認します。どうしてこのようなことをするのかというと、糞の量や巣の大きさによって駆除の規模が変わってきます。見積もりの際に必要になってくるので糞や巣を確認していきます。また、糞や巣からもどんな害獣がいるのか分かる場合があります。このことからも事前調査は必要不可欠です。

業者の調査は正確

害獣駆除業者の事前調査は、素人が行うよりも非常に正確性が高いです。これは知識だけではなく、色んな家で色んな害獣を駆除してきた実績と経験によるものといえるでしょう。また、正確性の高い調査結果が得られることによって、駆除の対策方法もより適正なものを選ぶことが出来、効果の高い害獣駆除を行うことが出来ます。

自分で出来る害獣調査~ネズミとイタチの侵入に気付く~

専門的な知識を持っていなくても、自分で出来る害獣調査を行っておけばすぐに駆除や業者を呼ぶなどの対応を行うことが出来ます。

自分で調査をする

ネズミ駆除とイタチ駆除をした後、再発しないように自分で調査することが出来ますか?
自分で調査する場合は、まず身の回りに変化が起きていないか確認してみましょう。例えば、家の中で鳴き声や足音などの音が聞こえるようになった、小さくて黒い糞のようなものが家の中に落ちているといったことです。その他にも、キッチンなどに出しておいた食料品やせっけんがかじられていないか確認してみましょう。また、自宅での変化の他にも、近所に解体中の建物があるといった場合は、ネズミやイタチがいる可能性があります。駆除後は再発防止のために害獣にとって住みにくい環境を作り、入らせないことが重要です。事前に害獣が侵入しているかチェックしていれば、侵入されていたとしても早期発見・早期対処が可能となります。

個人で出来る再発防止策

セルフチェックを定期的に行い、日頃から家の周りの環境を綺麗にしておくことで、害獣の侵入を防ぐことが出来るようになります。例えば庭の木から落ちた果実が落ちたままの状態にしていることや、巣を作らせないために家の周りの雑草を刈っておくということも、害獣の侵入防止に役立ちます。

TOPボタン