予防効果抜群!ネズミとイタチは害獣駆除のプロに調査をしてもらおう 犬小屋が危険! 愛犬が危険にさらされる原因と対策

ネズミ駆除とイタチ駆除の前に行う現地調査の箇所を確認

素人には見えない場所を調査~ネズミとイタチを見逃さない~

イタチやネズミは、自宅でもあまり見ない部分に侵入している場合があります。見えない場所は業者に調査を依頼しましょう。

人目につかない場所を調査

イタチは体が細いため、わずか3~5cmの穴であっても侵入出来ます。そのため、床下や天井裏にいつの間にか侵入して、棲みついている可能性があります。ネズミも寒さに弱いため、暖かい人家に入り込み、押し入れや壁内部に棲みつくこともあるのです。どちらも人目に付かない場所を好むため、駆除前の調査では見えない場所からチェックしていきます。

調査する箇所

建物内部
建物内部の調査では、ネズミやイタチの侵入口や通り道、そして巣があるかを足跡や糞、かじり跡などを確認して判断します。痕跡によってはどの種類か判別出来、さらに部屋の乱雑具合によっては、物陰に隠れているかも推測します。
天井裏
家の構造や被害状況によっては天井裏の調査も必要です。天井の点検口から内部を見て、ここでもネズミやイタチが侵入しているか痕跡から調査をします。もし、天井裏から足音や鳴き声が聞こえた時は、念入りに調査が行われます。
床下
床下の調査では、床下壁面内部なども細かくチェックします。地面に巣穴や水回りの配管の異常などを詳しく調べます。もしビニールなどを持ち込んで巣が作られているのが見つかれば、イタチ駆除やネズミ駆除が必要です。
建物周辺
家内部の調査が終了すると、周辺環境に害獣が集まりやすいのか、衛生確認などが行われます。周囲にエサ場や棲み処となる場所、外壁に侵入出来そうなひび割れや穴がないかなど、家の外も念入りにチェックが行われるのです。
イタチ

調査中にイタチやネズミが身を隠し、見つけることができない場合があります。もし害獣がいなくても、棲み処や侵入の痕跡があれば、存在を断定出来るので、調査で得たヒントから対策を考え、ネズミ駆除やイタチ駆除は可能です。

TOPボタン