予防効果抜群!ネズミとイタチは害獣駆除のプロに調査をしてもらおう 犬小屋が危険! 愛犬が危険にさらされる原因と対策

害獣に嫌われる環境づくりでネズミ駆除とイタチ駆除の効果が高まる

家族みんなで協力~害獣を住まわせない環境にする~

家族みんなで害獣を侵入させないように協力しましょう。害獣が嫌う環境づくりとはどんなことがあるのでしょうか。

害獣に嫌われる環境づくり

歩くねずみ

イタチやネズミによる被害から逃れるためには、害獣が好む環境を作らないということが大切です。イタチでいうならばネズミや鳥の巣があった場合はすぐに撤去するようにしましょう。ネズミは生ゴミや食べかすがあれば匂いを嗅ぎつけ寄ってきます。嗅覚が鋭い害獣は、漂白剤や木酢液などの匂いを嫌って出て行くので、設置しておいてもよいでしょう。忌避剤などは侵入した場所から遠いところへ置いておくと効果的です。

業者が語るチェックポイント

周辺環境を今一度確認してみて下さい。(害獣駆除業者/30代)

ネズミ駆除やイタチ駆除が完了した後は、再び害獣に侵入されないように調査しておく必要があります。住宅周辺に、身を隠すための草木が生えていることや、雨樋が地面から壁沿いまで這っている場合は要注意です。害獣たちは、どんな小さな穴でも入り込みます。侵入経路になりやすい物はできるだけ排除しておいた方がいいと思います。

ゴミを放置していないかどうかが重要です。(害獣駆除業者/30代)

害獣はエサを求めて住宅内や家周辺に入り込んできます。嗅覚がいいのでゴミの匂いや家庭菜園などの野菜や果物の匂いを嗅ぎつけやってきます。まずこのエサ場をなくすことから始めるべきだと思います。食べ残しなどを密閉容器に入れておく、生ゴミを放置しておかないなど各家庭でできることもあるので侵入されてしまう前に対策をとっておくことが重要です。

侵入されやすい場所を把握する

ネズミ

ネズミやイタチは、どんな小さな穴からでも侵入することが出来ます。小さいネズミは穴の大きさが1.5㎝もあれば入ってこられるのです。大人のネズミでも3㎝くらいあれば入り込んでくるでしょう。素人の目から見ればこんな小さな穴と思って見落としてしまいますが、動物の視点は違います。一度駆除業者に調査してもらえば、イタチやネズミに侵入されていないか、侵入された場合の侵入経路などをチェックしてもらえるので、利用してみてもいいでしょう。

TOPボタン